FC2ブログ
響3号店

ニューズライン本効果もあるのだろうが、魂麺が絶好調。単なるお遊びから生まれたメニューとはいえ、オリジナルの土佐っ子をきちんとリスペクトした仕上げがあればこその人気であろう。
響3号店 秋刀魚節試作

秋刀魚節豚骨試作
響3号店 響のつけ麺(新)試作

響のつけ麺(新)試作
響3号店 味噌ラーメン試作

味噌ラーメン試作
まずは秋刀魚節と昆布を沸騰させずに弱火で煮出したダシと豚骨のWスープ。この秋刀魚ダシは最終的には先日の鶏白湯と組み合わせる予定。魚粉を一切使わずに魚介の濃厚さを追求している。麺も専用の平打ちを用意。
現在響のつけ麺はモデルチェンジ中のため休止しており、担々つけ麺が現役でがんばっている。さて新作つけ麺はつけだれの濃度にチャレンジしており、今回は穀物系(芋?)らしき強烈なとろみがつけてあった。レモンと柚子を添えてさっぱり感も。あつもり仕上げの太麺には温玉を絡めて釜玉風にいただくと良さそうだ。さらに麺については、もしかしたらビッグサプライズがあるかもしれない。待て次号(笑)。
味噌ラーメンは味噌の仕込みに1年近く費やした大作。博多ニラそばをイメージしているのだが、仕上がりは東竜の肉みそやはしご屋の一発ラーメンに近い味となった。これは修正されるかもしれない。麺はつけ麺用のガッシガシな太麺。
響3号店 鉄鍋

麺を食べ終えたら熱した鉄鍋にライスと生卵を添えて、残ったスープを投入しおじやにしていただく趣向。これは別料金でなく味噌ラーメンとセット(つまりWテイストなのだ)で800円くらいを予定している。
営業情報
スポンサーサイト




2006.10.25 Wed l ラーメン 群馬県(前橋・渋川・吉岡町) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/940-73f99344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)