FC2ブログ
最近のカルトラ7って単なるラーメン情報サイトになっちゃっててつまんないよね(木亥火暴!!)。コーヒー牛乳ラーメンいちごラーメン、何もかも皆懐かしい!カルトラーメンの本分はネタだよネタ!つことで、パッと目についたのがとあるラーメン本に載ってた「花形」って店名。新潟には確か「飛雄馬」もあったよなあ…つことで、ネタが1本書けるでないの(笑)。
つことで、住所付近をうろうろするが表通りにそれっぽい看板は見当たらない。ショボーンと脱力して近くのセブンイレブンで休憩しようと思ったら、裏にこんな行列が!
飛雄馬

長岡市堤町7-6
どわーっ、何でありますかこの行列はーー!! ネタのつもりでやってきたのに、人気店ぢゃないですかー。
飛雄馬 大リーグボール

大リーグボール 200円
メニューはあっさりと背脂入りの醤油と味噌が選べるだけとシンプル。その代わりトッピングが多彩で、飛雄馬にちなんで大リーグボールなんてのもある。これは写真のように別皿でもらってもいいし、ラーメンのトッピングにしてもいい。
要はゴルフボールよりふた回りは大きい巨大肉団子なわけですが、中にシークレットの具が隠してあってヲタク心をくすぐるでありますよ(笑)。
冬山で自主合宿練習をしていた飛雄馬と伴は、中に石つぶてを仕込んだ雪玉で投球練習にはげむ。しかし、このことがきっかけで飛雄馬の投手としての致命的な欠点があばかれ、大リーグボール誕生への大きな流れとなっていく展開は読者もご存知であろうが、そんな故事(笑)にちなんだのかどうかはともかく、このトッピングはネタとしてもオススメ。
写真はないんだけど「岩のり(200円)」がまた見ものであります。誰もが「おお」とリアクションすることうけあい。とにかく、すべてがエンターテインメント要素に溢れているのだ。これが、この店を読み解くキーワードなのである。
飛雄馬 背脂醤油らーめん

背脂醤油らーめん 600円
そうこうしてるうちにラーメンが完成。たっぷりのもやしなどのボリューム溢れる具を盛り付けた後で背脂をふりかけたコッテリ系ラーメンは多くの新潟県民の好むところ。ぷりぷりの中太麺は味噌ラーメンにも合いそうだ。白濁したスープは杭州飯店とは違うけれど魚介の風味がほんのりとして意外に(笑)うまかったりする。しかし、たっぷりのもやしが裏目に出て水気が大量にスープに出てしまい、みるみる風味が落ちていく。要は、味に少々目をつぶってでもウケを優先したわけだ(笑)。
大リーグボールだって決しておいしいから選ぶトッピングではないし、どさっと山盛りにされる岩海苔もそう。全てはエンターテインメントなのだ。自分の店に足を運んでくれたお客をいかに喜ばせるかを考えた結果なのであろう。そもそも、それってサービス業の原点ではないだろうか。
こじゃれた店構えにしろ、ラーメンの見栄えにしろ、駐車場の入口に段差を作る(笑)にしろ、客に強い印象を与える方法はいくらでもあるだろう。この店は、自分に出来る精一杯のサービスをしている、ワタシはそこが気に入ったのだ。
スポンサーサイト



2004.10.17 Sun l ラーメン 新潟県 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/288-7b981560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)