FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「第一回群馬ラーメン大コラボ 辛いラーメンの部」参加店。
ren_isesaki09.jpg
魚辛らーめん 860円 替玉 100円
平日限定。「燻製薫るピリ辛な豚骨魚介スープ」とのこと。
燻製を使ったラーメンというと、思い出すのはかつての『竈』だろうか。しかしこのラーメンは、スープ全体から鮮烈に燻製香が立ち上っている。これはかつての『雫』で1日限定で提供された燻製鶏スープ以来か?いや思い出した。豚骨スープと花鰹の燻製を合わせたスープが、かつて『楓神』で提供されていたことがあったのだ。でもこのスープはそれより風味が複雑。詳細は教えてくれなかったが(笑)、どうやらスープに浮いている焦げた黒ゴマやネギも一緒に燻製してあるようだ。
で、これだと全然辛いラーメンの紹介になってないんだが(笑)、燻製の風味を邪魔しない程度にちゃんとピリ辛している。しかも替玉1回程度では全く風味が損なわれることがない。

ラーメンの使用食材って、今やコストの問題さえ解決すればほとんど使い尽くしたに近い状況で、今後新しい物が登場しうる可能性は極めて低い。そこでスープにペーストを溶かして超濃厚にしてみたり、つけ麺の麺を焼いてみるなど調理法に新たなアプローチを見出すケースが増えているようだ。我等が「焦がし醤油らーめん」もこのバリエーションの一つだろう(ついでに言うなら、ペースト使用の超濃厚ラーメンも『麺家うえだ』の発明だ)。
そんな流れの中にあって、「燻製」という調理法は手間こそかかるがコストは比較的かからないわけで、今後もっと注目されていくのではないだろうか。
スポンサーサイト

2010.07.09 Fri l ラーメン 群馬県(伊勢崎・玉村) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2363-c17aacb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。