FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
北関東初のラーメン店集合イベント「らーめんフェスタin栃木」。参加店舗数こそ60近い数字になったが、チーム制のため実際のブース数は15に留まった。これは長野や新潟のイベントと比較すると、約半分の規模である。
ラーメン店集合イベントは消防法の関係で屋外でやらざるを得ない。したがって最も問題となるのは「食べる場所」となるのだが、「らーめんフェスタin栃木」においても残念ながら十分に用意されていたとは言いがたかった。特にテーブル席はあの悪名高い「お台場ラーメンPARK」(笑)より少ない有様で、お客さんの大多数が炎天下でアスファルトの地べたに座り込んでラーメンを食べていたのである。いくら参加店側が質の高いラーメンを用意してくれたところで、こんな食べ方で十分にそれが味わえると思うのか?
そもそも、会場の案内も相当不親切である。イベントのシステム上、最初に食券を買うことお客さんに徹底しなけりゃならんのに、その食券売り場がどこなんだかさっぱりわからない(笑)。何の案内表示もないからだ。さらにもっと問題だったのは、食べた後の食器や残飯を下げるスペースが、驚くべきことにたった1箇所しかなかったのである。なので、システムのわからないお客さんはお店にプラスチック丼を下げに来る始末。主催者側の不備をお店側が後始末するハメになったのだ。この手のイベントでゴミ問題は真っ先に考慮すべき要素であり、しかも食べ物を扱う以上、大量の生ゴミが発生するのは誰の目にも明らかなのである。あまりにお粗末な対応だったと言えよう。

さてお約束した「なぜ大晟の行列は途切れたのか?」についての分析だが、これはイベントの告知に問題があったと言えよう。つまり「主催者が期待したほどお客さんにイベントの存在を知られていなかった」から、時間の経過とともにお客さんの数が減り、結果として行列が減ったのである。
宇都宮インターパークというのは不思議な施設で、ショッピングモールとアウトレットが隣同士の敷地に併設されているのである。アタシにはその意味がさっぱり判らないが(笑)、とてつもない集客力を誇っていることだけは間違いない。そんなわけでお客さんはたくさん居るはずなのに、イベントの存在を知らないしインターパーク内に何の案内もなかったから、インターパークのはずれにあるイベント会場まで足を運ぶことができなかったという、極めて当たり前の結論が導き出されるのである。
長野や新潟のイベントでは、地元情報誌がコンビニエンスストアと組んで大々的な事前告知を十分行ったからこそ盛況だったわけで、正直宣伝媒体が地元の新聞だけではやはり心もとなかったのである。
ここが北関東の難しいところで、たとえば地方だったらTVの全国ネットの系列局のローカル枠でイベントの紹介をしてもらえる機会もあるが、全国ネットの関東ローカル枠で北関東のイベント紹介なんてのは絶対ありえない。かといって地元のローカル局は見る人間が限られるから宣伝効果には疑問符がつく。平日夜に300人程度のラーメンマニアを集めるくらいならネットの口コミでもなんとかなっただろうが、数千人規模のイベントではいかに一般のお客さんを巻き込めるかが勝負なのであり、この点で十分アピールできていたとは言えないだろう。逆にアタシなんか「よくこれだけのお客さんが来てくれたな」と感心したくらいだ。

最後に主催者以外のところに苦言を呈するが、食券販売所の場所がわかりにくかった理由は案内不足の他にもうひとつある。『景勝軒』グループが販売所のすぐ近くでやかましく宣伝していたおかげで、誰もそこが全店共通のチケット売り場だと思わなかったのである。「食券販売所はこちらです」の案内の合間に自分のブースの宣伝をするなら、主催者や他店にも好印象を得られたかもしれないが、どう聞いても自分の店の宣伝に終始し、主催者や他店への配慮は全くなし。一緒にイベントを盛り上げようなんて気持ちはかけらもなく、実に彼ららしいエゴ丸出しなやり方であり、ヘタすりゃ一種の営業妨害とも取られかねない。まあその辺はお客さんもわかっていたようで、必死で宣伝している割にお客さんの数は大して伸びていなかった(笑)。さらにその宣伝内容がまた「日本一のラーメン店・とみ田のレシピを再現し…日本一有名なラーメン店・大勝軒を代表して…」結局、この人たちは最初から最後まで他人の褌でしか勝負できないんだな(苦笑)。
栃木の皆様には、大変お見苦しいものをお見せしてしまい、群馬県民を代表してここにお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

2010.06.07 Mon l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2330-1398e0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。