FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
kouka_numata01.jpg
沼田市久屋原町1494-1
11:30-15:00、17:30-21:30、日祝11:30-21:00、木休
こちらも激戦区国道120号線沿いケーズデンキ・カワチ近くにあるのだが、目立たぬ店構えでやや苦戦している様子。
お店のおすすめは「肉入りニラそば」と「四川風辛しそば」。
kouka_numata02.jpg
四川風辛しそば 850円
要するに「坦々麺」。
たまたま切らしていただけかもしれないが(笑)、注文を受けてからトッピングの挽肉を炒め始めたのに驚いた。それゆえ熱々のスープは胡麻が均一に溶け込んでミルキー。ラー油の絶対量は控えめだが、油断のできない辛さ。挽肉の中には刻んだザーサイやナッツが仕込んであり、食感のバラエティにもぬかりはない。
しかしこの店の本領は麺にある。「千恵麺」と銘打った青竹手打ち麺は熟成が効いてつるつる(売れ残って日にちが経っていただけの可能性も否定できないが)でありながら、麺線に故意にスパイラルを加えてスープの乗りをよくしてある。この麺なら、炒めもの系の具にも十分釣り合う存在感がある。打ちたてならもっと旨い麺の筈だ。
一見不人気そうに見えるかもしれないが、実力は決して侮ってはならないお店だ。
スポンサーサイト

2010.06.05 Sat l ラーメン 群馬県(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2326-004ef9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。