FC2ブログ
josui01.jpg
今回は趣向を変えて、はんつ遠藤も知らない超穴場のうどん屋さん(笑)をご紹介。
狭山市笹井1-6-12
11:30-20:00、水休
こちらの店主は某ラーメンチェーンでキャリアを始めて、移転前の『あぢとみ食堂』で数年働き、その後うどん屋を志して讃岐の本場で修業し、晴れて2009年9月に開業したという本格派なのである。
josui02.jpg
釜揚げうどん 550円
こちらがお店のおすすめする最もシンプルにしてうどん本来の味で勝負するメニュー。麺の量は300g、茹で時間は10分ほど。つけダレを割って呑むための生姜湯がつく。
josui03.jpg
如水のカレーうどん(半ライスつき)900円
1月より開始した、『あぢとみ食堂』でのキャリアを最大限に活かした新メニュー。金曜から15食限定とのことだが、この週は30食用意していたという(笑)。
josui04.jpg
この地域は武蔵野うどんの本場でありうどん屋の激戦区なのだが、そこで本格讃岐うどんはかなりの異彩を放っている。こちらのうどんは国産小麦に拘っており、釜揚げにしたこともあって麺から立ち上る小麦の香りが素晴らしい。
josui05.jpg
しかしそれ以上に素晴らしいのがイリコの風味をこれでもかと閉じ込めたつけダレなのである。こりゃあおニャン子より全然贅沢、エクセレントだね!
josui06.jpg
カレーうどんはもちろんルーも全て手作り。滑らかさこそ本家に及ばないが、スパイシーさと果物の甘さを詰め込んだ味わいは全く申し分なく、麺のアドバンテージはもちろん言うまでもない。何よりあの伝説のカレー太麺はあぢとみ店主自身が「もうやらない」と宣言しているだけに、あの味が食べたかったら今はココに来るしかないのだ(笑)。
josui07.jpg
半ライスを入れても美味いのは、今更説明するまでもないことだろう(笑)。
スポンサーサイト




2010.01.23 Sat l B級グルメ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2208-92e6d372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)