FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
taisyoken_maebashi01.jpg
前橋市天川大島町1-13-14
11:00-23:00、無休
2010年1月オープン。東池袋大勝軒二代目の飯野氏が直営する大勝軒。つまり、本家本元というわけだ。メニューはいさぎよくつけめんと中華そばの2品のみ。
taisyoken_maebashi02.jpg
つけめん 750円
敢えて「特製もりそば」とは名乗らないのがミソ。
東池袋大勝軒のもりそばといえば、甘くて化調たっぷりで、麺はくたくたで、パサパサの角材チャーシューがいやがらせのように沈んでいるというイメージだが(古参の『ごとう』あたりに行けば今でもその頃の味が残っている筈)、こちらは飯野氏が引き継いでからリニューアルされ、各地のイベントで東池袋大勝軒の名で提供されたのと同じ、いわば「飯野味」とでもいうべきもの。煮干の香りをふわりと立て、調味料に過剰に頼らず、また老若男女に好まれるよう麺の太さやボリューム、つけダレの濃厚さを計算高く抑制したものである。
飯野氏は滝野川時代から大勝軒の味とは全く異なる創作ラーメンにも積極的にトライし、その技術の高さには定評がある。その味でラーメン店を出したって十分行列店が作れる技術を持っているにもかかわらず、東池袋大勝軒のブランドで商売しているのが常勝軒系の店とは根本的に異なるところなんだな(笑)。
スポンサーサイト

2010.01.24 Sun l ラーメン 群馬県(前橋・渋川・吉岡町) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2205-a0046613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。