FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
koisaimen_inosyo01.jpg
練馬区練馬1-6-18
11:00-16:30、17:30-23:00、木休
食券制
2009年7月にオープンした『井の庄』の2号店は濃菜麺と銘打った野菜ラーメン専門店。奇しくも同時期に浅草開化楼・六厘舎グループと三河屋製麺・井の庄が一見似たようなコンセプトの店を出していたというわけだ。
koisaimen_inosyo02.jpg
濃菜麺 750円
スープを一口含んだ瞬間「重っ!」ざらっざらの髄が溶け込んだヘビーな油で口がぺたぺたになる位どろんどろんなのであり、近年これほど商品名に偽りのないラーメンも希少だ。丼は小さめで一見ボリュームは控えめなのだが、この重たいスープで二郎並に盛られたらほとんどのヒトは食えないだろうからこれで正解。あまりにスープが重すぎて麺や低温豚の印象は薄い(笑)。つーかスープは半分も飲めんかった。食後の体への負担は二郎の比ではない。
厨房で中華鍋を使っている様子は伺えないし、主役はあくまで超重厚スープで野菜は箸休めといった印象。よって、これを『トナリ』同様タンメンの新種と見るにはちと抵抗感あり。かつ、相当に食べ手を選ぶマニアックなラーメンであり、正直『トナリ』ほどの人気は得られないのではなかろうか。
スポンサーサイト

2009.10.17 Sat l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2170-0acd81f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。