FC2ブログ
昨年末頃から著名ラーメン評論家が「味噌が来る」なんてことを言っていたが、果たして2009年9月現在、ホントに味噌は来ているのだろうか(笑)。そして、そのレベルはいかほどのものか。
まずは、『花道』と同時期にオープンしたこのお店から検証していきたい。
misoyaringodo01.jpg
中野区東中野1-31-8
11:00-15:00、日休
食券制
2008年9月オープンの味噌ラーメン専門店。夜の部はつけめん専門店として営業するが、この日はシルバーウィーク特別営業ということで両方の暖簾が出ていたようだ。
misoyaringodo02.jpg
味噌味玉 900円
おそらく『くるり』を意識しているであろう超高濃度の味噌スープ(つーかほぼ「味噌ダレ」)。フライパンを使わないためか、コンプレインが出そうなくらいの温さだが、かえって味噌の香りが引き立つので不満はない。『くるり』のように脂をガンガン入れているわけでもないようで、意外に「重さ」を感じないし後口もすっきりしている。三河屋製麺の平太麺は先日『うえだ』で食べた「みそさんま麺」の麺に激似(笑)。
味的には実に今どきの味噌ラーメンであり、ややコストパフォーマンスに難があるものの価格相応のクオリティは確保しているので、アタシが本のセレクションをするとしてもこれなら確実に載せるだろう。
スポンサーサイト




2009.09.22 Tue l ラーメン 東京23区 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
「東京スタイル」ってやつだね。

鍋を使っても野菜を炒めるところまでで留まって、旧態依然の煮込みをやめた店も、徐々にではあるが出てきているみたいだ。

自分的には、いかに味噌の香りを生かすか、その上で「赤」を使いこなす店はポイントが高いよ。
ただし、つねに「味噌汁」との戦いになるのがむずかしいところなんだが

ヲタって味噌喰わないのが多いからなぁ・・・
本腰いれる店がまだまだ少ないみたいだ。
2009.09.22 Tue l 梅田. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2137-902410d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)