FC2ブログ
kaze01.jpg
相模原市横山1-2-19
11:30-14:30、火曜のみ営業
2009年4月7日より、『風と花』が休業日の火曜昼のみ営業する新ブランド。麺メニューは「潮中華そば」一品のみ。
今でこそ「ぶた麺」「ジャンキー」で認知されているが、そもそもこの店は世間で「鮮魚系」と騒がれる以前からカワハギなどでダシを取っていた鮮魚系の草分けであり、言わば自らの原点に立ち戻ったスタイルなのである。『風と花』営業時とは異なる店主のコスプレにも注目だ(笑)。
kaze02.jpg
潮中華そば塩味 750円
kaze03.jpg
さしみ飯 250円
kaze04.jpg
潮中華そば醤油味 750円
【塩味】穏やかな鮮魚ダシに甲殻類の甘さが加わったスープは生臭さやクセとは一切無縁。ついでに細麺の食感も穏やかというかヘタるのが早いので改良を検討中。チャーシューはトントロ風。カニの身も入る。

【さしみ飯】具は日替わり。この日は生鮭。そのままでも勿論美味いのだが、ラーメンスープで茶漬けにするのも一興だ。

【醤油味】この日から始めたという店主の自信作。醤油ダレそのものにも魚介を仕込んだということで、塩味より明瞭に鮮魚らしさを感じるが、醤油の味もちゃんとする。ほのかな甘みが煮魚の煮汁を連想させる部分も。そもそも日本人は魚を食べる時、たいていの場合醤油で味付けするか直接醤油をかけるわけで、鮮魚の味は醤油とセットでインプットされていると言える。そんな記憶を呼び起こしてくれる味わいだ。

というわけで、この店では敢えて醤油味をおすすめしておきたい。
スポンサーサイト




2009.05.05 Tue l ラーメン 神奈川県 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/2039-1fed239a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)