FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
うえだ 富山ブラック
富山ブラック 800円
2008年11月22~23日限定。ミニライス・生卵付き。高知『橋本食堂』以来の「現地で食べてきました」シリーズ。
ueda222.jpg
ueda223.jpg
現地の食べ方指南に従い、食べる前に全体をよくかきまぜるべし。
醤油ダレは3種類作ってブレンドしたもので、風味としょっぱさは表現できたものの、あの「黒さ」だけはどうしても再現できなかったという。スープは既存の豚骨と軍鶏のブレンドだが、現地の味はモロに「醤油ダレ」というイメージで、こんなにダシ感はない(笑)。麺は『ぜんや』用の中太を使用し、チャーシューはバラ肉とするなど、全体の構成は『大喜』より『喜八』に近いと言えよう。さすがに現地そのままのしょっぱさを再現するのはためらったみたいだが、個人的に荒挽き胡椒がちと足りなかったので増量してもらったくらいで、富山ブラックの必要要件は全て押さえており雰囲気はかなり再現できていたと思う。
富山ブラック初体験の方には、付属のミニライスと生卵をどうやって食べるのか悩ましいところだったと思うが、アタシの考える食べ方の「正解」は、「卵かけごはんにしてラーメンライスとして食べる」である。富山ブラックのしょっぱさ胡椒辛さは「飯のおかず」にするためのものなので、飯と一緒に食わないと意味がないのだ。
スポンサーサイト

2008.11.23 Sun l 麺家 うえだ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/1962-9ae5d50a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。