FC2ブログ
こちらもコラボの出がよくて、3日間で50食用意したのに初日だけで38食売ってしまったという(^_^;)。最終日の残りは10食程度しかないということなのでお急ぎを。
骨豚亭 カニはどこカニ
カニはどこカニ 900円
2008年9月20・21・23日限定。コラボひまわり「カニ」参加作品。
澄んだスープはカニのおいしいところだけを巧妙に抽出したもの。ワタリガニの甲羅にはほぐした身と、カニ味噌に味噌をブレンドしてバーナーで焦がしたものが入っており、スープに溶かせば味噌ラーメンに味が変化する仕掛け。が、せっかくのカニ味噌なのにわざとらしく生姜が添えてあるので「もったいないな」と思っていたら、手違いで臭みの強いカニ味噌が来てしまったための苦肉の策だったという。日程の限られたコラボだとこういうアクシデントもあるわけですな(去年は台風で食材が到着しなかったというのもあった)。麺は専用の細麺をあわせている。今回は豚骨不使用の完全専用スープでがんばっただけに、味の要であるカニ味噌のアクシデントが惜しまれるところ。

というわけで今回コラボの総評。味的には『うえだ』をベストメニューにしたいけれど、印象がよかったのは『○麺堂』の「Leri」…だと前回と同じになっちゃうので(笑)、やっぱり『うえだ』の貫禄勝ちにしておこう。
「カニ」というのは高価だがポピュラーな食材であり、それ自体は淡い味わいなのでラーメンに使うのは結構難易度が高いと思う。なので、食材そのものを油で揚げちゃった『うえだ』『○麺堂』の印象がよくなるのは道理なのである。『○麺堂』の味の構成は量的にどうしても揚げたてのソフトシェルクラブに支配されがちだが、『うえだ』の場合はスープのダシ、カニ味噌、身の入ったカニチリ、唐揚と4つの要素がそれぞれバランス良く並び立っている。これがベストメニューに推す要因。アタシは結構キチン質が好きで、エビフライの尻尾とか好んで食べちゃう人なのでやっぱり殻も食べられると嬉しいんだよね(笑)。これが他の3店舗が外れた理由。

というわけで、次回コラボでは多摩の2店舗の一層の奮起を期待したい(偉そう・笑)。
スポンサーサイト




2008.09.21 Sun l ラーメン 多摩地区 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/1919-bf109552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)