上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
凪
本ブログで「凪」と言ったら無条件でこの店のこと(笑)。
凪 焦がし醤油らーめん
焦がし醤油らーめん 750円
「新しいご当地ラーメンの提案」として2008年夏に誕生。ラーメン王・石神秀幸もその趣旨に賛同し、埼玉県内のラーメン店を中心に拡がりつつある「焦がし正油」。こちらもその賛同店だ。
タレには弓削多の丸大豆醤油を使用しており、焦がすことで香ばしさがプラスされる。さらに九州から取り寄せたさつま揚げやネギを炙ってトッピングし、ダメ押しの風味も加えてある。チャーシューはほぐし豚風、小皿にはカリカリに仕上げたジャコを添えた。
nagi12.jpg
ここまで凝ってると「焦がし」をテーマにした創作メニュー的になってくるが、実際本人的にもそのつもりで作っているのだろう。そんな力の入りっぷりはお客さんにも伝わるみたいで、結構オーダー率も高く、早くも人気メニューとなっているようなのだ。ただしバーナーで「焦がす」工程が入るために、現状でも決していいとは言えない回転がさらに悪くなりがちなのは仕方のないところだが。
というわけでこのメニューの総合評価としては、「焦がし」の特徴とメリットを正しく理解し再現して、なおかつ自分なりの工夫も加えて創作メニューにまで昇華させた意欲とセンスを買って、エクセレントを進呈しましょう。
スポンサーサイト

2008.09.07 Sun l 焦がし醤油らーめん l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/1905-3cfcf177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2008.09.20 Sat l
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。