FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年のラーメンシーンを読み解くキーワードは「埼玉で稼げ」になるのかもしれない。
102

さいたま市大宮区桜木町2-446
11:00-15:00、月休
食券制
2008年6月オープン。店名こそ違えど実質的に『TETSU』の3号店。本店同様、食券を買ってから並ぶシステム。オープン間もないためか哲店主直々に調理を担当。
102 味玉つけめん

味玉つけめん 850円
普通盛と大盛が同料金。
102_omiya03.jpg

現在は本店も自家製麺に切り替わっているというが、これがなかなかの出来栄え。近場の『狼煙』とモロ被りの『いそじ』風多加水バキボキ麺である。開化楼ほど個性を放つ麺ではないが、かん水臭は気にならないし小麦感も相応にある。
102_omiya04.jpg

つけだれもかなり濃厚な魚介豚骨。本店より濃いのでは。
102_omiya05.jpg

そして『TETSU』ブランドを決定づけたアイテム・焼き石も標準装備する。割スープは卓上のポットに備え付けてあるので、店側がスープ割の労力を省けるというメリットもあるのだ。(ラーメンづくりの作業を中止してスープを注ぐより、焼き石を渡した方がはるかに簡単である)
現在は哲店主が常駐しているようなので味・接客ともに満足のいくものだが、いずれ離れる時が来るだろうから店の真価はその時にこそ試されると言えよう。

埼玉は東京のベッドタウン的性格が強いためか、千葉と違ってこれまで家系や二郎といった都心の有名店が直接進出してくることはなかった。確かに店が東京23区内にあるだけで話題になりやすいというメリットは大きい(『むさし坊東川口店』の頃はほとんど話題にならなかったのに、23区内に出店した途端絶賛の嵐となった『七彩』なんて典型的な例だ)が、それゆえ競争も激しい。ならば都内でブランドを確立し、儲けは競争の少ない郊外で出せばよいと最初に考えたのがおそらく『六厘舎』-『次念序』なのだろう。
『102』『ジャンクガレッジ』に続いては、なんと『二郎』までもが大宮出店を予定しているという。今年の「ラーメンマップ埼玉」はイヤでも賑やかになりそうだから幹書房はホクホクだろうが、10年近く埼玉ラーメンシーンをウォッチし続けてきた者としては複雑な心境なのよね…
スポンサーサイト

2008.06.28 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/1832-bd400507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ界にあふれるラーメンブログとラーメン記事の中から気になったり面白かったものをピックアップしてお届けする本日のメモ。 だんだん、夏の暑さになってきたんですかねー、冷たい麺が美味しい季節です。 というわけで、30日と1日の面白かった記事をお届けするブロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。