FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
二郎 横浜関内店

横浜市中区長者町6-94
11:00-14:30、18:00-22:00、水休
食券制
2004年10月オープンの二郎直系店。話題の新店「ジャンクガレッジ」の「まぜそば」の元ネタとなった「汁なし」発祥の地でもある。夜の部開店30分前ですでに15人ほどの待ち。ほどなく伸びた行列は角を曲がった。実際の開店は10分前倒し。
二郎 横浜関内店 小ぶた汁なし

小ぶた 700円 汁なし 80円 チーズ 80円
コールは「ヤサイニンニクアブラ」。
なんと汁なしはラーメンより値段が高いわけだが(笑)、これは揚げネギと生卵が増えた分と考えられる。
二郎 横浜関内店 天地返し

さっそく卵を崩して天地返ししてみると、これが「汁なし」と言いつつ予想外に「つゆだく」。丼の半分くらい水分がある。なので思ったより混ぜやすく、油のダメージが緩和され食べやすい。ブラックペッパーを積極的に効かせているが、油と生卵とチーズ効果でどちらかといえばマイルド。チーズを入れるならカラメコールした方がいいかもしれない。スープが少ないこともあり一気にガツガツ行けて7分ほどで完食(笑)。これなら大でも余裕で行けそうだ。
確かにジャンクと言えばジャンクだけど、予想外に上品と言うか味の完成度が高いのに感銘を受けた。たしかにこれはインスパイアしたくなるだろうな。
スポンサーサイト

2007.02.10 Sat l ラーメン二郎 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/1112-a659bbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。