上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
さて、せっかく川越くんだりまで来たので頑者の行列をパチリ。
頑者

そして行列に並ばずに電車で大崎へ直行(木亥火暴!!)。
現在は行列をU字型に並ばせており、13:30頃の到着で40人待ち。1時間ほど待って入店。まあこんなもんかねえ。
六厘舎 辛あつ

辛あつ 850円 地鶏温玉 100円
六厘舎 辛あつのたれ

今回は豚ほぐしを省略したが、それを加味しても最近秀虎のポッテリしたつけだれ濃度に口が慣れてしまい、物足りなさすら感じる(木亥火暴!!)。
六厘舎 辛あつの麺

こちらのあつもりは水で締めた麺をさっと湯通しする程度なので食感も損われないし温玉と絡めるのにちょうどいい(そういえばつけめん専門店の温玉のはしりもこちらだ)。思わず黒七味が欲しくなった(木亥火暴!!)。今度行く時はマイ黒七味を持参しよう(笑)。次念序の辛味に慣れたせいか、こちらの方が辛いような気がする。
六厘舎

3時過ぎると行列もこんなもん。

今回つくづく思ったのは、秀虎や響3号店のレベルの高さだな(笑)。響3号店は開化楼麺の茹で加減にまだ難があるようだが、秀虎に関してはつけだれ濃度や伊勢崎丸山製麺の食感まで含め、肩を並べるといっても過言ではないレベルだ。ちなみに秀虎は次念序と逆で太麺から先に売り切れるため、極力シャッターされることをオススメします>遠征される方々
前回の記事
スポンサーサイト

2006.12.22 Fri l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogv3.blog15.fc2.com/tb.php/1029-f6247b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
さてさて、昨日は先日の取材でご一緒した皆さんと忘年会(?)でしたー。外は外で、酷い雨でしたねー。というわけで、遅くなりましたが、火曜日の分の本日のメモです。■ニュースクリップデジタルARENAからおもちつき、麺作りに挑戦!松下電器のホームベーカリ....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。