FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
一時期のフィーバーは去ったのかと思っていたが、タイミングによっては店外20人待ちなんてことも(^_^;)。
don_kitamoto03.jpg
don_kitamoto04.jpg
ラーギョウ 850円
ラーメンと餃子3個のセット。写真の無料トッピングはニンニクヤサイアブラ。
スポンサーサイト
2009.10.31 Sat l ラーメン 埼玉県(埼玉北部) l COM(0) TB(0) l top ▲
hajime_hasune01.jpg
板橋区坂下2-16-11
11:30-14:30、18:00-21:00、土日祝11:30-売り切れ、月休
食券制
2009年5月オープン。現在のラーメントレンドである極太濃厚の対極に位置する端麗系の急先鋒的な位置づけをされているようだが、実はこの店主、以前別の場所で超濃厚をウリにしたつけめんで話題になっており、現在も同じメニューを土曜限定で出しているので、そこはわかった上で狙ってやっているということだろう。他人と同じことをしていては目立たないのである。
混雑はまさに今がピーク。外待ちは30人オーバーで所要時間は90分といったところ。郊外店ゆえ混雑していても他に行く店がないから仕方なく並んでしまうため行列が長くなる傾向にある。
hajime_hasune02.jpg
特塩らあめん 950円
トッピングのつみれが修行先の『一本気』を想起させる。
2009.10.25 Sun l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(0) l top ▲
『麺家うえだ』が大食い選手権決勝の地に選ばれ、「特濃ラーメン」がブレイクしたのは今年の夏のことだったが、実はそれよりちょっと前から、関西発『無鉄砲』グループに触発されて超濃厚をウリにするお店が首都圏にも散発的に登場していた。この店はその代表格と言えよう。
katsumi01.jpg
新宿区住吉町8-10
11:00-22:00、日祝11:00-21:00、無休
食券制
2009年4月オープン。目黒『なおじ』の2号店という位置づけらしいので、広義で「新潟発」ということになる。
katsumi02.jpg
超濃厚NEO-トンコツ玉子 850円
数量限定品。
2009.10.25 Sun l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(0) l top ▲
水戸でも魚介豚骨のつけ麺は辛うじて食べることができるが、なぜか二郎インスパイアはなかった。強力なご当地「水戸スタミナ」の存在が上陸を阻止しているのかもしれないし、数年前に水戸に進出した『角ふじ』の失敗で皆ビビっているだけかもしれない(個人的にはあの味が受け入れられなかったのでなく、相当デキの悪いラーメンを出していたのだろうと想像するが)。だが、これだけ二郎インスパイアが世の中で持て囃されれば、嫌でも状況は変化していくのだ。
arai01.jpg
水戸市元吉田町1486-5
11:30-14:30、18:00-22:30、無休
食券制
2009年9月オープン。『ラッキー飯店』のすぐ近く、といえば場所が想像できるだろうか。
arai02.jpg
荒井らーめん 860円
ラーメン系は無料で野菜の量が選べる。写真は中盛。
2009.10.23 Fri l ラーメン 茨城県 l COM(0) TB(0) l top ▲
menyakeiji08_20091031211540.jpg
オーガニックS・K・I 800円
FMぐんま「Site9-11」とタイアップした裏メニュー。注文方法等の詳細はこちらで。
2009.10.18 Sun l ラーメン 群馬県(高崎・藤岡・安中・多野郡) l COM(0) TB(0) l top ▲
koisaimen_inosyo01.jpg
練馬区練馬1-6-18
11:00-16:30、17:30-23:00、木休
食券制
2009年7月にオープンした『井の庄』の2号店は濃菜麺と銘打った野菜ラーメン専門店。奇しくも同時期に浅草開化楼・六厘舎グループと三河屋製麺・井の庄が一見似たようなコンセプトの店を出していたというわけだ。
koisaimen_inosyo02.jpg
濃菜麺 750円
2009.10.17 Sat l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(0) l top ▲
tonari01.jpg
江東区東陽3-24-18
11:30-15:00、18:00-22:00(売り切れ終了)、日休
2009年7~9月に『六厘舎』隣、即ち『ジャンクガレッジ』跡地にて仮営業、その後江東区にて正式オープン。『六厘舎』系のタンメン専門店であり、7月頃の石神氏の「タンメンが来る」発言は間違いなくこの店の存在を受けたものであろう。早くも人気で行列が発生しており、5名ずつの入れ替え制を取って対応している。
tonari02.jpg
tonari03.jpg
タンカラ 880円
タンメン(720円)と唐あげ(単品400円)のセット。タンメンは提供直前に「生姜入れますか?」と訊かれる。
2009.10.17 Sat l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(0) l top ▲
「魚粉入りメニューがラーメンの進化を袋小路に導いてしまった」という話を以前したのだが、最近言われている「味噌が来る」とか「タンメンが来る」という論調は、ラーメンの進化が袋小路に陥らないために「古くて素朴だが忘れられつつあるものの良さを今一度見直そう」という流れの上にあるべきだ。「古きよき時代を懐古」していたんではダメなんだな。つまり、「Back To The Basic=BTTB」である。我々は、あくまで前向きに後ろを向かなければならないのだ。
奇しくも10年前、世間で「癒し」ブームと言われていた頃、その象徴と言うべき存在である坂本龍一の「Energy Flow」を収録したアルバムのタイトルが「BTTB」だったのであり(注1)、とうとうラーメンにもそんな流れが来ちゃったというわけだ(笑)。

さて、味噌ラーメン検証から意図せず間が空いてしまったのだが(笑)、検証シリーズ第二弾のテーマは「2009年10月現在、タンメンって本当に来てるのか?そして、そのレベルはいかほどのものか?」
tanmen_syakisyaki01.jpg
江戸川区東葛西3-1-25
11:30-14:30、17:30-23:00、火休
2009年3月にオープンしたタンメンと餃子の専門店。現在はチャーシュー系のメニューを休止しているようだ。
tanmen_syakisyaki02.jpg
tanmen_syakisyaki03.jpg
塩たんめん 700円
手作りギョウザ 300円(たんめん類とセットで)
2009.10.17 Sat l ラーメン 東京23区 l COM(0) TB(0) l top ▲
inaba07.jpg
とりそば 700円 味たまご 100円
2009.10.16 Fri l ラーメン 茨城県 l COM(0) TB(0) l top ▲
いつものパターンだと、TV出演しても1ヶ月もすれば行列はハケてしまうんだが(笑)、さすがに大食い選手権効果は息が長い。現状、昼の部の最後のお客さんが食べ終わるのが17:00を廻ってしまうため、夜の部開始が18:30頃にズレ込んでいる。
ueda247.jpg
焦がし塩鴨麺 900円
2009年10月10~12日限定。彩埼祭「鴨」参加作品。
2009.10.11 Sun l 麺家 うえだ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。