FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
麒麟

11:30-14:30、18:00-23:30、月休
場所的には「まことやの近くのテナント」と言えばピンと来るだろう。鶏がら醤油味の白麒麟、豚骨醤油の黒麒麟、そしてダブルスープ味噌味の赤麒麟を用意。
麒麟 赤麒麟

赤麒麟 750円
トッピングのキャベツが千切りてーのも情けないが、量もあまりにセコくて見た目の貧相さを増幅。これなら何も乗せない方がまだいさぎよいだろう。そして味がやけに薄い。おっかなびっくりへっぴり腰で味付けした印象だ。つか、こんなクオリティのスープ使うんなら味濃くするなり味噌濃くするなり油増やすなりしてゴマかせよと(笑)。
麒麟 チャンジャ御飯

チャンジャ御飯 250円
このメニューはフツーにおいしくいただける。
このラーメンはプロの仕事ではない。客から金を貰うのが失礼なレベル。やはりニューズライン社の掲示板で自作自演する店にはロクなのがないな(笑)。
2006.01.21 Sat l ラーメン 群馬県(伊勢崎・玉村) l COM(0) TB(0) l top ▲
金正

館林市東美園町22-16
こちらは手ごね竹の出身店のようだ。この日はご覧の通りの雪模様だったがなかなかの人気。醤油・塩・味噌の3味を揃える。
金正 チャーシューメン

チャーシューメン 780円
スープは手ごね竹のように澄んではいない。チャーシューメンにしたせいもあり動物系が強化され共栄寄りな感じだ。麺は熟成の効いた感じで平麺と言っていいくらい比較的均等に幅を揃えてある。チャーシューはロースと巻きバラの2種。手ごね竹の独自性は薄まっている分、親しみやすい味になっているようだ。
金正 餃子

餃子(5ケ) 330円
皮は薄くてフンニャリしたもの。冷凍ではこの感じは出せないね。
2006.01.21 Sat l ラーメン 群馬県(太田・大泉・邑楽・館林) l COM(0) TB(0) l top ▲
川田家

館林市大街道1-13-38
裏通りに面する人気店。川田「屋」ではなく川田「家」。暖簾にもタウンページにもそう書いてある。群馬のラーメン店にはもつ煮を用意する店が少なくないが、こちらではラーメンができるまで煮ドーフやコロッケをつまむのがスタイルのようだ。
川田家 中華そば

中華そば 600円
スープは油っ気少ないが館林によくある「そばのダシ」ではない。麺も自家製なのだがつるっとしてコシが全くないのに箸で千切れない(笑)ソフトなもの。ふっくらしたモモチャーシューはなかなか。総じて独自性の高いラーメンだが、特におすすめはしない(笑)。
2006.01.21 Sat l ラーメン 群馬県(太田・大泉・邑楽・館林) l COM(2) TB(0) l top ▲
みどり しそ塩つけめん

しそ塩つけめんあつもり 800円

1/26の限定らーめんは「熊本らーめん」。
目標は「なんつっ亭インスパイア」とのことです(笑)。
2006.01.20 Fri l ラーメン 群馬県(桐生・みどり) l COM(0) TB(0) l top ▲
河合家 和風ちゃーしゅーめん

和風ちゃーしゅーめん 850円
毎度思うのだが、なんかこう味の方が無難に振ってあって印象に残らないというか常習性に欠けるというか。甘いだの少ないだのなんだかんだ文句言いつつもついつい常勝軒へふじ麺喰いに行っちゃうのとは全く逆の現象なんだよな(笑)。
前回の記事
2006.01.15 Sun l ラーメン 群馬県(伊勢崎・玉村) l COM(0) TB(0) l top ▲
支那そばや群馬店 ワンタンメン

ワンタンメン 880円(スタンプカードで味付玉子サービス)
たまには醤油味も食ってみるかのう、というわけでこのメニュー。スープは動物系ドロドロで醤油色も濃く、ルックスは京都のラーメンのように見えるくらいだ(笑)。塩味に比べると醤油の酸味がきつい印象。
前回の記事
2006.01.15 Sun l ラーメン 群馬県(伊勢崎・玉村) l COM(0) TB(0) l top ▲
れんげ屋

新田郡笠懸町大字鹿3875
11:30-14:30、17:00-22:00、第三水・木休
国道50号沿いの人気店。味噌専門ではないが複数の味噌メニューを用意するあたり、あのチェーン店と関連があるのだろうか。キッチンには使用食材の西京味噌やら天然塩がこれみよがしに置いてある。
れんげ屋 特製味噌らーめん

れんげ屋特製味噌らーめん 780円
味は極めて保守的かつオーソドックス。麺は細めで茹で加減もゆるめ。土地の嗜好に合わせた結果だろうか。
れんげ屋 特製あとひきぎょうざ

れんげ屋特製あとひきぎょうざ 350円
餃子のタレはみそと辛みそから選べ、はけで塗って食べる趣向。余計なお世話だが洗うの大変そうである(笑)。
2006.01.15 Sun l ラーメン 群馬県(桐生・みどり) l COM(0) TB(0) l top ▲
大学ラーメン

東大和市清原4-10-10
狼煙屋と同じ通りにあるので黄金の連食コースとなる(笑)。
大学ラーメン ラーメン

ラーメン 600円 替玉 150円
スープのラード依存度は低く、背脂で濃度を出している印象。長浜というよりは久留米の大龍とかに近い感じ。てーことはかつての海の家にも似てるってことですか(笑)。替玉の値段が高めなのが難点(半替玉100円あり)。
2006.01.14 Sat l ラーメン 多摩地区 l COM(0) TB(0) l top ▲
狼煙屋

東大和市清水6-1257-17
食券制
つけめんでも食べようかと思っていたが、味噌ラーメンがあるということでそちらをセレクト。平日限定のゆず味噌らーめんも提供中。
狼煙屋 味噌らーめん

味噌らーめん 850円
まったりと濃いぃ豚骨と鰹のハーモニーに調和する味噌味。さすがレギュラーメニューというか、どこぞのラーメンコンサルタントの片手間仕事とは違ってキッチリ味をまとめている。つーか、これがフツーのクオリティだよなあ(笑)。満足。
狼煙屋 日替り炊込みごはん

日替り炊込みごはん 200円
2006.01.14 Sat l ラーメン 多摩地区 l COM(0) TB(0) l top ▲
陣

東久留米市下里2-7-24
小林製麺の灰皿が置いてあるから、基本的には味噌ラーメンの店なのだろう。現在の主力メニューは魚介豚骨の陣ラーメン。
陣 陣郎

こってり醤油太麺(陣郎) 700円
2006.01.14 Sat l ラーメン二郎 l COM(0) TB(0) l top ▲
竹屋

東久留米市前沢2-11-16
こちらのお店も鰻の寝床系。少々手狭ながらも一枚板のカウンターは居酒屋の改装だろうか。
竹屋 つけ麺

つけ麺(あつもり) 680円
麺は太くはないが意外にあつもり耐性はあるようだ。つけだれは濾した背脂で動物系を補強しているが、基本的にはとらのこと同系統の魚介あっさり系。石神本での大きな扱いにはやや荷が重過ぎる印象だ。つか、こんなんでいいのなら五里麺治だってかなりいいセンいってるということになるな(笑)。
2006.01.14 Sat l ラーメン 多摩地区 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。