FC2ブログ
七福の湯 上越店

新潟県上越市富岡3468
入浴料 600円(土日祝)
ジャスコ上越店のすぐ近く。あごすけからも近くラーフロにうってつけの立地。
つくりは前橋店に非常によく似ているが、温泉がない(笑)。なので値段も安い。名物のヒーリングサウナは新潟でもまだ珍しい設備だ。
スポンサーサイト



2005.10.08 Sat l 温泉・スーパー銭湯 l COM(0) TB(0) l top ▲
ニューミサ

上越市中郷区稲荷山367
国道18号線沿いにドライブイン並みの巨大店舗を有する。収容人数は軽く100人を超えるだろう。おぐら屋よりデカいのである。すぐ近くに関連店の食堂ミサもある。
ニューミサ ミソラーメン

ミソラーメン 700円
ニンニクの効いた白味噌スープにたまねぎともやしのコラボ。オーソドックスな味噌ラーメンの王道味といえる。
2005.10.08 Sat l ラーメン 新潟県 l COM(0) TB(0) l top ▲
吉祥

妙高市大字猪野山55-15
11:00-15:00、17:30-21:30、土日祝11:00-21:30、月休
2005年7月に「道の駅あらい」敷地内へ移転オープン。この施設、そこらの道の駅の数倍の規模を誇り、ローソンや食堂ミサなどのテナントも入居。さらに場外車券売場・サテライト妙高も建設中で、町おこしのシンボル的存在なのだ。
こちらの店舗規模も従来の3倍程度に拡大。ただし大型店の常でラーメンの生産能力が追いつかず、混雑時はかなり待たされる。調理は主に息子さんが担当しているようだ。
吉祥 塩海老ワンタン麺

塩海老ワンタン麺 800円
塩味には醤油のような魚介ドヒャヒャーなインパクトはない。したがって伊勢海老香味油の風味が主体となってくる。店舗規模を考えれば現状でも十分高品質なラーメンだが、やはり移転前の方がよかったかな。
前回の記事
2005.10.08 Sat l ラーメン 新潟県 l COM(1) TB(0) l top ▲
あごすけ 旨鹽濁汁麺

旨鹽濁汁麺 700円 味付たまご 100円
1年ぶりのあごすけ。今回の目的は昼のみ30食限定の塩とんこつにありつくことである。生憎の雨模様だったが開店15分前の到着で既に20名ほどの行列。開店は5分前倒し。オーダーの塩とんこつ率は半分強といったところだから開店前に並んでいればまず大丈夫だろう。土地柄、背脂入りのこってりオーダーが案外多いのだ(かなり容赦なく背脂が投入される)。
まず豚骨スープを丼に注ぎ麺と馴染ませてから表面にあごダシを張る。したがってダブルスープがロワイヤル状態になっているのだ。上澄みをすくって呑めば魚介がジョババババー、麺をたぐれば白湯の旨みが加わる。スープが混ざるにつれ刻々と味わいが変化するので最後まで飽きずに楽しめる。そしてトッピングに揚げネギ・揚げ乾燥エビを散らしてあるのでさらに複雑な味わいが加わる。あごダシオンリーのメニューでは太過ぎると感じた麺もこのメニューならピッタリ。実際に食べてみればこのメニューを敢えて限定としている意味は十分わかるだろう。
あごすけ 娘鶏麺

娘鶏麺 850円
夜の部に再訪問して11月末日までの秋限定メニューをチェック。あごダシを使わない専用の鶏白湯スープに、これまた専用の平麺を合わせる。
鶏白湯といっても野菜などの素材も加えているようで洋食的なテイストが漂う。具は骨つき鶏肉と茸に蓮根でヘルシー志向とした。丼の上に塗ってあるのはジャム。もちろん甘い(笑)。スープに溶かしてみたり麺に塗ってみたりといろいろ試したが、ぶっちゃけ合わない(木亥火暴!!)。これは単なる彩りなんだろう、たぶん(^_^;)。
あごすけ 杏仁豆腐

杏仁豆腐 100円
流行のココナッツミルク味。他店のが絹ごし豆腐ならこちらは木綿だ。
前回の記事
2005.10.08 Sat l ラーメン 新潟県 l COM(1) TB(1) l top ▲