FC2ブログ
ラーメン王が取り上げることは決してないが(笑)、うえだのカレーメニューは総じて評判が高い。今回はさらに磨きをかけるべく新機軸を打ち出した。
うえだ 牛すじカレー鬼麺王

牛すじカレー鬼麺王 800円
ベースはあぢとみ食堂に許可まで取った(笑)、古奈屋インスパイアの甘めなルー。特濃スープで伸ばしているので微妙な魚介風味がする(笑)。この上に鮮烈な辛味酸味が印象的なキーマカレーを乗せ、さらに肉の味を前面に出したカレー味の牛すじをトッピングした。つまりカレーのトリプルロワイヤルである。3つの味が同時に楽しめると共に、食べ進むうちに混ざり合ってさらなる複雑な風味をかもし出す。麺を食べ終わったらライスを投入して究極の至福を堪能できる。まさに過去のカレーメニューの総決算と言えるすばらしい出来栄えは絶賛に値する。こんなに異常に手間のかかったカレーがこの値段で食える店、ほかにあるかね?
牛骨時代の狂牛病騒ぎに軍鶏ダシ時代の鶏インフルエンザと、二度も不運な苦境を経験した店主だからこそ、これだけの手間と情熱をラーメンに注ぐことができるのだ。この店が一部ラオタに熱狂的な支持を得ている大きな理由はこれなんだよ。ちょっと周囲に煽られたくらいでうどん屋に日和っちゃうような、挫折を知らない若者とは年季が違うわけだよ。そういう機微ってのは、厨には分からんのだよなあ(笑)。
前回の記事
スポンサーサイト



2005.10.30 Sun l 麺家 うえだ l COM(0) TB(0) l top ▲
もちもちの木 蓮田店

蓮田市関山1-2-22
11:00-15:00、18:00-22:00
2005年10月24日オープン。魚介系ラーメンの一つのスタイルを確立した小鍋系の元祖たるもちもちの木も、今や宇都宮や福島にまで出店しており何店舗あるのかそろそろ把握できなくなっているが(笑)、こちらは単なる支店ではなく毛色を変えて味噌専門店。店舗は元コンビニと思われるが、徹底的なリフォームでチープさは微塵もない。本店の弱点だった駐車場もこちらでは十分用意してある。ただし店舗面積の割に席数は本店と変わらなかったりするので、週末は1時間程度の行列は必至だ。
もちもちの木といえば執拗な湯切りも名物なのだが、こちらではバキューム音が店内にこだまする。どうやら真空湯切り装置を導入しているようだ。
もちもちの木 蓮田店 味噌拉麺

味噌拉麺 730円
スープは「インパクト、フゥー!!」ニンニクや山椒系スパイスをバシバシ効かせたすみれインスパイアと呼べるもの。麺も専用の太麺。もちもちの木のアイデンティティのひとつである穂先メンマもしっかり使用。万全の体制でオープンしただけに味にも隙はないと言えよう。
2005.10.30 Sun l ラーメン 埼玉県(その他) l COM(1) TB(0) l top ▲
どる屋 夜

夜の部の訪問は初めてだが、昼間と同様のんびりした雰囲気。
どる屋 鶏とごぼうの秋の麺

鶏とごぼうの秋の麺 750円
今回の目当ては秋メニュー。鯛スープにこだわり素材のごぼうと鶏肉を入れて中華鍋で軽く煮込んだ。実際はごま油の風味が強くてあまりスープを味わえないキライがある。彩りにもこだわり素材のパプリカを添えて秋らしさを演出。
前回の記事
2005.10.29 Sat l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
Hananoki@plus

宇都宮市駅前通り1-5-9
栃木ラーメン界の重鎮というべき存在たる「花の季」の2号店。
Hananoki@plus アットプラスラーメン

アットプラスラーメン 600円
スープは魚介を立てた味。風味の出方は「だるま大使2号店」のパート3に近い。ただしスープベースは花の季レシピなので、あのつかみどころのないポワワーンとした感じはこのメニューでも健在だ。
Hananoki@plus ミニ麻婆丼

ミニ麻婆丼 280円
山椒をほどほどに効かせているが、麺ぐりえのように強烈ではなく万人向けのアレンジ。
2005.10.29 Sat l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
週末の待ち時間の長さは相変わらずのようで、14:00頃の到着でも30分待ち。焼豚売り切れのため焼き豚らぁ麺はもちろん純塩らぁ麺も売り切れ。希望のメニューを食べるにはやはり開店前に並ぶしかなさそうだ。
麺らいけん 辛葱らぁ麺

辛葱らぁ麺 700円
というわけでこちらは冬季限定メニュー。「特製唐辛子ダレと合わせた葱がたっぷり入った」との触れ込みだが、出てきたラーメンを見て思わず葱を探してしまった(笑)。写真の真ん中の赤いのがそう(笑)。キムチ風の味付けになっており、上品な塩ネギラーメンに仕上がっている。とはいえ、敢えてこの店で食べたい味とは言えないかな。
前回の記事
2005.10.29 Sat l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(1) l top ▲
到着したのが昼時の混雑時だったせいもあるが、とにかく待ち時間が長い。待ち人数は大したことないが、席数が少ないうえに一度に3杯程度しか作らず、さらに太麺の茹で時間が長いのが原因のようだ。
はじめ 濃厚和風

濃厚和風らーめん 650円
この店の主力メニュー。スープは「インパクト、フゥー!!」節粉をふんだんに使用した、俗に言う「青葉インスパイア系」魚介豚骨…と思いきや、スープベースは鶏白湯なのだそうで。
ハッキリ言って、これだけ節粉効かせたスープでベースを特定できるひとなど居ない(笑)。こっちは素材当てクイズするためにラーメン食ってるわけじゃなくて(苦笑)、味のイメージを文章で表現するために最も近いと思われる言葉を用いているだけの話。揚げ足取りたいためだけにココを読んでる抵抗勢力の連中はそこをわかろうとしない。わかると自分に都合が悪いからな(笑)。味音痴と思うなら勝手に思え。そもそもラーメン自体が味音痴向けのB級グルメなんだから、そんなことを言っても自分の首を絞めるだけなのである(笑)。素材自慢がしたけりゃ、詐称にならない程度にせいぜい自称することである。
麺はつけめんと共通と思われる太麺。和っさりと違ってワカメなどの余計なものが入ってないのがいい。値段も内容を考えると超良心的だ。
前回の記事
2005.10.29 Sat l ラーメン 栃木県 l top ▲
あぢとみ カレー太麺

カレー太麺 800円 味玉 100円
11月1日より平日限定で味噌ラーメンの「赤だし太麺」を発売開始。本格八丁味噌を使用した個性的な味になるそう。麺は従来の太麺と異なる銀杏軒の新作で平打ち風となる予定。
なお11/3は木曜日だが営業、11/2が代休となる。
前回の記事
2005.10.23 Sun l ラーメン 埼玉県(鶴ヶ島・坂戸・比企郡) l COM(2) TB(0) l top ▲
旧小魚屋メニューの黒醤油をやめてしまったという話は聞いていたが、代わりに鶏白湯をはじめたという話は石神本で初めて知ったので早速チェック。
空海 鶏白湯麺

鶏白湯麺 700円
2005.10.23 Sun l ラーメン 埼玉県(埼玉北部) l COM(0) TB(0) l top ▲
要するに石神本2006。
2005年のコンパクト版では味別編集に切り替えて度肝を抜いたが、また元に戻っている。かなりの突貫作業で編集したようで、秋葉家が継続掲載されているという致命的なミスをはじめとして、地図や値段の間違いは枚挙にいとまがない。
だがそんなことは比較的どうでもいい。今回の目玉は「全国枠」の登場である。各地の情報誌取材で訪問したとおぼしき102軒のセレクトだが、群馬県からはなんと6軒もエントリー。栃木2軒に茨城1軒だから、これだけ見れば群馬はものすごいラーメン処のように見える。(ちなみにこの記事の周囲に不自然な空白があることに注目したい)
なお、情報誌「Komachi」の取材で訪問した新潟・長野からも多数セレクトされている。これは大変なことだ。なぜなら、群馬本も含め石神氏の取材先は実質ニューズライン社のセレクトに任されているからだ。群馬ローカルで言うなら、ニューズライン社の掲示板で店の宣伝をして石神氏さえ来店してしまえば、首都圏のラーメン本に紹介をされる可能性がかなり高くなってしまったのである。
つーことで、全国区に進出したい店主は、今すぐニューズライン社の掲示板で自作自演するべきだな(笑)。
2005.10.22 Sat l チラシの裏 l top ▲
楓 春菊入りシンプルな塩らー麺秋味

春菊入りシンプルな塩らー麺秋味 750円
期間限定メニュー。食券機にはないため店員に直接口頭で注文し現金払いとなる。
こちらは通常の塩らー麺の香味油や具を省略し、よりダイレクトにスープそのものを味わう仕様。代わりに味玉が標準。
前回の記事
2005.10.22 Sat l ラーメン 多摩地区 l COM(0) TB(0) l top ▲
俗に言う「多摩二郎」にはつけ麺を用意する店が少なくないが、こちらは「あつもり」が指定でき、それが一風変わっているのだ。注文は食券を渡すときに「あつもりで」と口頭で伝えればよい。
二郎 八王子野猿街道店 小つけ麺あつもり

小つけ麺 800円
ご覧のように麺は味のついてないスープに浸っている。これでは単なるラーメンの別盛りじゃねーかと思う向きもあろうが、つけだれはごまラー油のような風味がつけてありラーメンとは趣が異なる。ここのラーメンは大量の野菜をかきわけて麺を引っ張り出して食らう必要があるが、つけ麺ならもっと食べやすい。純粋に麺の旨さを楽しめるのだ。
カルトラ7記事
2005.10.22 Sat l ラーメン二郎 l COM(0) TB(0) l top ▲