FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
駿河 塩味玉ラーメン

塩味玉ラーメン 690円
日曜夜の部の訪問だったが、18:00頃の到着で既につけめんと和風だしラーメンが売り切れ、塩も自分のを含めて残り2杯だった。
スープは以前食べたときより明らかにダシ風味の輪郭が明瞭になった印象。よりわかりやすい味になったということだ。自家製細麺も支那そばやのようにクターとした感じはなく、パスタライクな仕上がり。
カルトラ7記事
スポンサーサイト
2005.06.05 Sun l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
はじめ

那須郡南那須町田野倉497
11:30-14:00、17:30-20:00、水休
はじめ 和っさりらーめん

和っさりらーめん 650円
「栃木のおいしいラーメン76」では、発売当時休業していた某店に代わって巻頭を飾った。
このメニューは永福町大勝軒亜流のような苦味ばしった強烈な煮干風味のスープである。これでも地元嗜好に合わせて薄めてあるそうだから、「濃厚和風」ではどのくらい凄いことになるのか、次回の楽しみにするとしよう。
2005.06.05 Sun l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
麺らいけん

芳賀郡芳賀町西水沼2211-3
11:30-14:30、17:30-21:30(L.O.)、日祝11:30-15:00、17:00-20:30(L.O.)
2005年5月5日、宇都宮市から芳賀町へ移転オープン。駐車場は十分なスペースを確保しているが、それでも次から次へと押し寄せる客に対応できない。記帳してから入店までに小一時間、食べ終わるのに90分というところだから所要時間は品達の「なんつっ亭」並み。待ち時間の長さは一流だ。
ラーメンは全て塩味、チャーシューの枚数で値段の変わるシステムは「どる屋」を意識したものであろう。
麺らいけん 煮ちゃーしゅー麺

煮ちゃーしゅー麺 二枚のせ 650円
透明度の高いスープは素材の風味は突出せずバランス志向。麺は標準で大栄製麺風の平打ち、20円増しで細麺が選べる。チャーシューは分厚く切った巻きバラだが、食感はねちょしっとりのシーチキン風のため増してもあまり嬉しくない。
外で待っている間は日射病になりそうなくらい暑かったのに、食べ終わる頃には天候が急変し大雨が降ってきた。店員が外で待機して傘で車まで送ってくれるサービスは嬉しい。待ち時間が長かったり何か失敗があっても、後のフォローがよければ印象がよくなる「神名備」風の接客である。
6月にはつけ麺を投入予定。
2005.06.05 Sun l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
どる屋

6月は4、5、18、19、20のみ提供。店頭の鮎の幟が目印。鮎らーめんの日は通常の鯛スープはお休み。正油と塩味が選べる。
どる屋 栃木の鮎香りねぎらーめん

栃木の鮎香りねぎらーめん 2枚入り 900円
鮎らしさを感じるのは主に香り。風味は淡いので塩気を積極的に効かせてラーメンらしさを演出。白美人ねぎはこれだけ盛られても鮎の風味を損わない。
こちらは思ったほど混雑してなかったのだが、麺らいけんに人気を奪われたか。
前回の記事
2005.06.05 Sun l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。