FC2ブログ
一楽

小山市城東3-6-30
住宅街のど真ん中にあって、自分でもどうやってたどりつけたのかよく覚えていない(木亥火暴!!) 地鶏ラーメン研究会関連とのことだが、自宅兼用と思われる洒落た店舗でやや異色。
一楽 塩一楽ラーメン

塩一楽ラーメン 800円
地鶏ラーメン研究会関連店の最大の欠点は「スープが酸化して風味が落ちるのが早い」ことであるが、こちらのお店では夜の訪問にもかかわらず風味の劣化は感じなかった。お見事である。焦がしネギを散らしてビターな風味を演出。自家製麺も気持ち太めでしっかりした食感とつるつるした喉越しを両立している。チャーシューは大ぶりのバラとロースが1枚ずつ。味玉ももちろん半熟。
一楽 ミニチャーシュウ丼

ミニチャーシュウ丼 250円
スポンサーサイト



2004.10.24 Sun l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
一品香 城東店

小山市城東1-9-29
小山市内に2店、宇都宮に2店舗有する一品香の本店がこちらになるようだ。12:00過ぎの到着ですでに満席、5名以上の待ち。帰る頃には駐車場は満車、20人くらいにふくれあがっていた。
麺は一度に10人前以上を一気に茹で上げ、まるでラーショか家系ラーメンのような作り方(笑)だが、手打ち太麺のためノビノビの麺を食わされる心配はない。
一品香 城東店 チャーシューメン

チャーシューメン 630円
スープは鶏がら風味に生姜がバッチリ効いているが、湯切りが甘いためかダシの風味が幾分薄い感じがしないでもない。麺はロットの最後の方に当たったが、それでも比較的かため。太さはそれほど揃ってはいない。チャーシューのボリューム・味は申し分なし。
玉村町「玄」は、このスープレシピに群馬アレンジをほどこしているように思う。
一品香 城東店 餃子

餃子3コ 315円
餃子の味はさらに特徴的。ジャンボ餃子を謳っても何ら問題のないボリュームの餡には、シナモンのわかりやすく個性的な風味がつけてあり、酢とラー油だけで十分おいしくいただける。その自家製ラー油はごま油のみを使用しているとのことで、口当たりがよく辛味がまろやか。
玉村町「玄」ではこの特徴的なシナモン風味を抜いて、オーソドックスに仕上げてある。これも群馬アレンジと見ていいだろう。
以上を踏まえた上で玉村町「玄」の味を改めて振り返ると、一品香のレシピをうまく昇華し、群馬県民に親しみやすい味を見事に作り上げたといえるだろう。特に麺のクオリティがすばらしいと思う。
2004.10.24 Sun l ラーメン 栃木県 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近のカルトラ7って単なるラーメン情報サイトになっちゃっててつまんないよね(木亥火暴!!)。コーヒー牛乳ラーメンいちごラーメン、何もかも皆懐かしい!カルトラーメンの本分はネタだよネタ!つことで、パッと目についたのがとあるラーメン本に載ってた「花形」って店名。新潟には確か「飛雄馬」もあったよなあ…つことで、ネタが1本書けるでないの(笑)。
つことで、住所付近をうろうろするが表通りにそれっぽい看板は見当たらない。ショボーンと脱力して近くのセブンイレブンで休憩しようと思ったら、裏にこんな行列が!
飛雄馬

長岡市堤町7-6
どわーっ、何でありますかこの行列はーー!! ネタのつもりでやってきたのに、人気店ぢゃないですかー。
飛雄馬 大リーグボール

大リーグボール 200円
メニューはあっさりと背脂入りの醤油と味噌が選べるだけとシンプル。その代わりトッピングが多彩で、飛雄馬にちなんで大リーグボールなんてのもある。これは写真のように別皿でもらってもいいし、ラーメンのトッピングにしてもいい。
要はゴルフボールよりふた回りは大きい巨大肉団子なわけですが、中にシークレットの具が隠してあってヲタク心をくすぐるでありますよ(笑)。
冬山で自主合宿練習をしていた飛雄馬と伴は、中に石つぶてを仕込んだ雪玉で投球練習にはげむ。しかし、このことがきっかけで飛雄馬の投手としての致命的な欠点があばかれ、大リーグボール誕生への大きな流れとなっていく展開は読者もご存知であろうが、そんな故事(笑)にちなんだのかどうかはともかく、このトッピングはネタとしてもオススメ。
写真はないんだけど「岩のり(200円)」がまた見ものであります。誰もが「おお」とリアクションすることうけあい。とにかく、すべてがエンターテインメント要素に溢れているのだ。これが、この店を読み解くキーワードなのである。
飛雄馬 背脂醤油らーめん

背脂醤油らーめん 600円
そうこうしてるうちにラーメンが完成。たっぷりのもやしなどのボリューム溢れる具を盛り付けた後で背脂をふりかけたコッテリ系ラーメンは多くの新潟県民の好むところ。ぷりぷりの中太麺は味噌ラーメンにも合いそうだ。白濁したスープは杭州飯店とは違うけれど魚介の風味がほんのりとして意外に(笑)うまかったりする。しかし、たっぷりのもやしが裏目に出て水気が大量にスープに出てしまい、みるみる風味が落ちていく。要は、味に少々目をつぶってでもウケを優先したわけだ(笑)。
大リーグボールだって決しておいしいから選ぶトッピングではないし、どさっと山盛りにされる岩海苔もそう。全てはエンターテインメントなのだ。自分の店に足を運んでくれたお客をいかに喜ばせるかを考えた結果なのであろう。そもそも、それってサービス業の原点ではないだろうか。
こじゃれた店構えにしろ、ラーメンの見栄えにしろ、駐車場の入口に段差を作る(笑)にしろ、客に強い印象を与える方法はいくらでもあるだろう。この店は、自分に出来る精一杯のサービスをしている、ワタシはそこが気に入ったのだ。
2004.10.17 Sun l ラーメン 新潟県 l COM(0) TB(0) l top ▲
吉祥 

こちらは麺屋武蔵インスパイア系とでも言うのか(笑)。煮干ダシに海老油に柚子の味の構成はまさにソレ。
もっとこじんまりした店を想像していたが、結構店はデカいし駐車スペースもたっぷり。
吉祥 醤油味玉らー麺

醤油味玉らー麺 650円
煮干風味はかなり強烈。ジョビジョババババァーーーッ(懐かしい)である。伊勢海老を使った香味油は結構たっぷり張られているが、全くスープの風味が負けてないどころか、麺をすする程度では海老の味がわからん(笑)。が、レンゲを使わず直接丼からスープを香ると、海老のリッチなアロマに包み込まれる。というわけで、相対的に柚子が少ない(笑)。麺も大栄製麺を意識してそうな平麺。武蔵のようにバキバキにかたいことはなく(笑)、ほどよい茹で加減だ。
こっちの方が、ラヲタにはウケそう。
2004.10.16 Sat l ラーメン 新潟県 l COM(0) TB(0) l top ▲
あごすけ

上越市下門前1648
11:30-14:30、17:30-21:00、土日祝11:30-15:00、17:30-21:00(売り切れ終了)、水休
現時点で新潟上越地区人気ナンバーワンと思われる店。外装はパシオっぽいなーと思ったらホントにそうだった(笑)。開店10分前にはすでに行列が発生し、開店と同時に広い店内がキレイに埋まる。が、これはどうやら昼の部限定30食の塩とんこつらーめん狙いのようだ。
ラーメンの作り方もおそろしく丁寧。塩ラーメンのタレ・香味油は4種類の壷から投入(醤油はタレと油の2種で、いずれも塩と別)。具を盛り付けた後にさらに魚介スープを上から注いで一口目のインパクトを保証。とんこつ系だとダブルスープが上下で分離しており、さながらラーメンロワイヤル状態である(笑)。
あごすけ 醤油麺

醤油麺 600円 味つきたまご 100円
魚ダシの出具合はとっても上品。「めじろ」の味に似てるかも。ただ、首都圏の感覚だとちょっと麺が太く感じるかも。味玉はMサイズでたけーかなと思ったけど、ちゃんと黄身まで味付けがしてあって相応の仕事はされている。
総じて、全国区で通用する味。
あごすけ 黒とんこつ麺

黒とんこつ麺 730円
また来ちゃった(木亥火暴!!)。ホントは別の店に行こうかと思って20:00頃にダメ元で前を通りかかったのだが、しっかり営業していたので別の店の方を中止に(笑)。1日に同じ店に2度行くのって何年ぶりだろう(笑)。
黒とんこつ麺は夜の部限定。ニンニク油に炭(イカ墨ではない)や黒ゴマをブレンドしているらしい。で、とんこつとあごダシのロワイヤル風ですが(笑)、やっぱ魚介の量が絶対的に足りないのは否めない。でもまあ、上越地区では食べられない味だから人気があるのはわかります。
2004.10.16 Sat l ラーメン 新潟県 l COM(0) TB(0) l top ▲
くじら麺

前橋市西片貝町東部バイパス沿い。2004年10月8日オープン。ラーメンバトルコロシアムのはんつ遠藤・河相我門プロデュース。内装はむき出しの鉄板と一枚板のカウンターを組み合わせたオサレなもの。食券制。
くじら麺 あっさり醤油麺

あっさり醤油麺 650円 味つけ玉子 100円
あっさり醤油麺は昨年のセキチュー前橋駒形店で出していたものとほぼ同内容と思われ、既成のスープと麺に節粉で風味づけをしてみましたというストーリーが丸見え。ただしキャッチコピーには魚系のダシを「微妙に」ブレンドとあるからウソは言ってない(笑)。
問題なのは駐車場の入りにくさ。歩道の街路樹や段差を全く考慮せずにレイアウトしたのがバレバレ。RV車で段差を乗り越えない限りスムーズに入ることはできない。夜20:00台の訪問で前客・後客ナシだったが、入りたくても駐車場に入れないんだから無理もない結果であろう。(ちなみに店の前は2車線の幹線道路であり、路駐なんてとんでもない!)
2004.10.12 Tue l ラーメン 群馬県(前橋・渋川・吉岡町) l COM(1) TB(0) l top ▲
一本気

店主が青森に店を出してそちらに行ったため、こちらの店が現在どうなっているのか気になっていた。
一本気 比内鶏つみれそば

比内鶏つみれそば醤油 800円
スープは明らかに鶏の風味が薄い。そして麺はつけそばと共通と思われる中太ちぢれになったためえらくバランスが悪くなっている。塩になるとさらに味が薄いため以前との違いが顕著となる。
もはや、別の店に変わってしまったのだと思うしかなさそうだ…
カルトラ7記事
2004.10.10 Sun l ラーメン 埼玉県(新座・志木・朝霞・和光) l COM(0) TB(0) l top ▲
hibiki19s.jpg

群馬県前橋市国領町2-24-1
前橋市国道17号線沿い群大病院東交差点「珍満」の4軒くらい隣、バス停の前に「ホルモン食堂 響」が本日オープン。
なんとワタシが最初の客でした(笑)
開店の花輪に「藤波辰巳」の名が。
内装コンセプトはズバリ「ラーメン博物館」。「最後の映画看板師」久保氏に依頼した看板の数々は必見。
ホルモンは七輪にて備長炭の炭火で焼いていただく趣向。オススメのほーてん刺、しろ、ばら肉、のどぶえを塩で食べましたがクセもなくおいしかったです。
食彩麺酒房の響より店内も広いので、ゆっくりするならこちらの方がいいかも。
ちなみに、「ひびきらぁめん」のみこちらでも食べることが可能。
2004.10.05 Tue l B級グルメ l COM(0) TB(0) l top ▲
ikkyus.jpg

入場料+イオン風呂 1000円
隣接する敷地にフットサル場を建設して最近話題に。
驚いたのは、大雨の平日昼間にもかかわらず駐車場がかなり埋まっていること。人気あるんだ。
ここは以前から露天が海水風呂だったんですが、打たせ湯を廃止してラジウム温泉、マグナムバスにはナトリウム泉となり、ダイエットバスの替わり湯とあわせて水風呂を除く全ての浴槽がフツーのお湯ではなくなった。
今回はイオン風呂(いわゆるヒーリングサウナ)を試したんですが、設定温度がちと高いようで25分は正直キツかった。出たら専用着がグッショリだったので効果はてきめんでしたが。
2004.10.05 Tue l 温泉・スーパー銭湯 l COM(0) TB(0) l top ▲
ちゃんぽん

伊勢崎市市場町1-16-2
旧赤堀町国道50号線沿い。トロチャーシューと餃子が名物だそう。もちろん、ちゃんぽんもメニューに存在(長崎ちゃんぽんとは違い、どちらかといえば五目そばに近い)。
ちゃんぽん 正油ラーメン+トロチャーシュー

正油ラーメン 500円 トロチャーシュー 380円
スープは生姜が効いておりガラの油も出ているが甘くはない。これで甘味があれば長岡ラーメンになりそうだ。麺は中太といったところ。トロチャーシューを謳うがトロ肉ではなく厚切りのバラ。ソテーしてあるので香ばしく脂も乗っており味はいい。
2004.10.03 Sun l ラーメン 群馬県(伊勢崎・玉村) l COM(0) TB(0) l top ▲
二郎上野毛店

東京都世田谷区上野毛1-26-16
最近、都内に行くと必ずどこかで二郎を食ってしまう(笑)
ここは助手もおらず全て一人で仕切っている。そのためコップが脂ぎっているなど、不衛生な点も。
(丼と一緒に食器洗い機にかけるだけなので、脂が取れる筈がない)食券制。
26_50s.jpg

ラーメン小ぶた入り 750円
スープは三田直系らしく油も多くうまい。麺は珍しく深ざるでゆでているが、つるつるしていて池袋のよう。ブタは気前よく切ってあるし脂も乗ってうまい。寸胴に大ざるで湯通しした野菜が無指定でも結構乗るのでカラメにしてみたが、杞憂だったようだ。卓上に唐辛子あり。メニューにつけ麺あり。味玉があるのはここだけか。
直系店としては満足できる部類だが、麺だけはちょっと気に食わない。
2004.10.02 Sat l ラーメン二郎 l COM(0) TB(0) l top ▲