FC2ブログ
omiyataisyoken01.jpg
さいたま市大宮区大門町2-117
11:00-23:00、日11:00-20:00
食券制
2010年5月オープンの『大勝軒』。というと「東池系もうイラネ」と思うかもしれないが、こちらは永福系。永福系といえば執拗なほどのお冷サービスが名物だが、こちらはセルフ。珍しいというか、おそらくここだけでは?
omiyataisyoken02.jpg
ワンタン麺 850円
スポンサーサイト



2010.07.24 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
nyannyan_yonohonmachi01.jpg
さいたま市中央区下落合6-8付近
11:30-15:00、17:00-20:00、火休
通りがかりに発見した未知の娘々。
nyannyan_yonohonmachi02.jpg
スタミナラーメン 550円
nyannyan_yonohonmachi03.jpg
ギョーザ 300円
2010.03.14 Sun l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(1) TB(0) l top ▲
takumi_urawa13.jpg
外待ちこそ発生しないが、常時満席状態が続く。
takumi_urawa14.jpg
HIMAWARI 900円
コラボひまわり「牛」参加メニュー。2010年3月13~15日限定。
相変わらずメニュー解説なんもなしでやる気あるんだかないんだかわかんないスタンス(笑)。
2010.03.14 Sun l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
こちらのお店は例の「肥沃なつけ麺地帯」からちょっと外れるが、まあご近所ということで(笑)。
niboshiya01.jpg
さいたま市北区日進町2-1127
11:00-15:00、17:00-22:00、水休
食券制
店名に謳うとおり、店内は煮干臭いというかイワシ臭い(笑)。対照的にというか、にこやかで気配りの利いた接客が好印象。
niboshiya02.jpg
濃厚煮干しつけ麺 大盛 780円
なんと480gの特盛まで同額。丼が浅いのでさほど多く見えないが、よほどの大食いでない限り大盛で十分だろう。
2010.02.20 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
いつからか判らないが、先に食券を買ってから並ぶシステムになったようだ。
jiro_omiya01.jpg
ラーメン小 650円
2010.02.12 Fri l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
間が空いてしまったが、ここからコラボひまわり後半戦埼玉編。
takumi_urawa12.jpg
イカ墨ブラックラーメン 850円
2009年11月21~23日限定。コラボひまわり「イカ」参加作品。
2009.11.21 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
tsukiya_honten05.jpg
鴨 800円
2009年10月10~12日限定。彩埼祭「鴨」参加作品だが、店内のどこにもこのメニューの掲示はなかった。この点は抗議しておきたい。
2009.10.10 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
2009年10月10・11・12日は「SAI・ROCK」秋のイベントとして「彩埼祭(さいさいさい)」を開催。今年から『麺屋信玄』を加えたSAI・ROCKの7店舗が共通テーマ「鴨」で店舗毎にラーメンを創作。このラーメンを食べると各店舗でスタンプがもらえ、全部集めると抽選でラーメン券1000円分が当たるという。
丼が黄色く見えるのはホワイトバランスが破綻したせい
鴨限定麺 900円
『匠』は日曜定休日のため2日間のみの参加となる。
2009.10.10 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(1) TB(0) l top ▲
依然として魚介豚骨とガッツリ系がメインストリームを占めるラーメン界だが、それゆえある種の「閉塞感」のようなものが感じられる。どんなに魂を込めて珠玉のスープを仕込んでも、極太麺と魚粉、油とニンニクとドカ盛り野菜の魔力には勝てないんだものな。
一方で、ラーメン業界全体に果てしない新商品開発への「疲労感」も漂っているようだ。常に新しい味を求めて世界中の料理のエッセンスを取り込んできたラーメンの進化にも、そろそろ袋小路が見えてきたようなのである。

そんな背景を知ってか知らずか、あの石神氏も昨年あたりから「味噌が来る」と言い続けていたが、味噌ブームの仕掛け人となる筈だった『葵賀佐』がいきなり閉店してしまいこのプランは頓挫してしまう。仕方なく今度は唐突に「タンメンが来る」と言い出したが、正直迷走している感は否めない。
それはともかく、流行を追いかけるのに疲れた層が昔ながらのラーメンに温故知新するだろうという読みにはアタシも同意できるのだが、それ以上に「もうこれ以上新しい味なんか作れねえよ」という業界の悲鳴に配慮しているように思えるのは深読みのしすぎか(笑)。
kingyo01.jpg
さいたま市浦和区北浦和3-8-13
11:30-21:30、火・第三水休
食券制
2009年6月にオープンしたこの店は、クラシックな『永福町大勝軒』の味をリスペクトしたものだという。看板に開店当初はなかった「つけ蕎麦」が書き加えられ、メニューの先頭に配置しておすすめ商品としている。
kingyo02.jpg
ワンタンメン 800円
永福町系は量が多いことでも知られるが、こちらは標準的な量なのでわざわざ少なめにする必要もないだろう。
2009.08.29 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
匠 丸腸とさつまいもを使ったつけ麺
丸腸とさつまいもを使ったつけ麺 850円
2009年3月27~29日限定。コラボひまわり「もつ」参加作品。
2009.03.28 Sat l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲
えんや
さいたま市浦和区常盤9-33-7
11:45-15:00、18:00-1:00、土日祝11:45-22:00(売り切れ終了)、水休
空前の新店ラッシュに湧くJR北浦和駅界隈。こちらは2006年10月の開店だからもはや古参の部類。店名の「えんや」とは紅白に出場した外タレ女性歌手(笑)ではなくて、「塩屋」を意味するようだ。
えんや えんやらーめん
えんやらーめん 900円
通常のらーめん(700円)にチャーシュー、煮玉子、のりを増量したメニュー。
2009.01.18 Sun l ラーメン 埼玉県(さいたま市) l COM(0) TB(0) l top ▲